悪玉コレステロールは本当に悪者?

悪玉コレステロールと聞くと=(イコール)悪者のイメージがありますが本当にそうなのでしょうか?ここでは「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」の違いを説明しておきましょう。
 
 
いまや健康診断の項目に書かれている「LDL」を「悪玉コレステロール」と呼び、 「HDL」を「善玉コレステロール」と呼ぶことは皆に知られてますが、そのゆえんは「肝臓」で作られた「コレステロール」を各細胞に供給する役割をもっているのが「悪玉コレステロール」 (LDL)で、余った「コレステロール」を「肝臓」へ連れ戻すのが「善玉コレステロール」 (HDし)の役目であるため、「悪玉」と呼ばれるのです。

スポンサーリンク



逆を言えば、「LDL」 (悪玉)は、「血管壁」に「コレステロール」を沈着させ、「動脈硬化」などを引き起こす原因を作り出すのに対して 「HDL」 (善玉)は逆に「血管壁」に付着している「コレステロール」を取り除く作用があるため、「善玉」と呼ばれます。しかし、 「悪玉コレステロール」と呼ばれていても、決して「悪者」 (不要なもの)ではありません。悪者でも不要ではないということです。
 
 
「肝臓」で作られた「コレステロール」を各「細胞」へ運ぶという、人体にとって非常に重要な役割をもっているのです。ですから、人間は、「悪玉コレステロール」なしでは生きていけないのです。現在、各「医療機関」で発行される「健康診断書」では「HDL値」と「LDL値」を分けて記載するようになっています。
 
 
「総コレステロール」「HDL」「LDL」の各値が、正常値を超えたり、逆に低かったりした場合の「病気発症」の可能性について、下記の表のとおりです。

 

 

 
【※注記】単位はすべて「mg/dl」で「1デシリットル」中に含まれる「コレストロールの質量」を「ミリグラム」で表したものです。
 
 
近年、日本の食文化の変化によって「食の欧米化」が進み、また、「外食」や「コンビニ食」が増えて、「栄養のバランス」や「摂取カロリー」といった問題が出てきています。また、「連動不足」も深刻な問題です。もし健康診断の結果をお持ちであればぜひ一度確認してみてください。上記の数値と照らし合わせればあなたの健康状態のおおよそがわかると思います。
スポンサーリンク