鶏の品種について

「鶏」の品種のことを、「鶏種(けいしゅ)」と言います。この「鶏種」は、国内だけではなく、特に海外で多くのものが「作出」 (開発)されています。これらの「鶏」は業界用語で「コマーシャル鶏」(実用鶏:じつようけい))と呼ばれています。今回は鶏種(けいしゅ)とその特徴をみていきましょう

各鶏種(けいしゅ)の特徴

スポンサーリンク



※「卵肉兼用種」とは「採卵用」 (レイヤー)にも「食肉用」 (ブロイラー)にもなる「鶏種」のことを言います。この「卵肉兼用種」としては、 「名古屋コーチン」が有名です。
 
 

白色レグホン
・「白玉」の「採卵鶏」として、最も有名な「鶏」
・「白レグ」「ホワイトレグホン」とも呼ばれる
・イタリアで「作出」され、アメリカで「改良」を重ねられた品種
※日本で売られている白い殻のたまごの約80%がこの白色レグホンです。みなさんもよくスーパー等でこのたまごをみかけていると思うし一番購入しているのではないでしょうか。またこのたまごは世界的にみても最も普及している白玉鶏(白い殻のたまごを産む鶏)として有名です。お値段とお手頃だし栄養もたっぷり!まさにいうことなしですね。
 
 
ゴトウ交配種 さくら
・「後藤孵卵場」(岐阜県)で開発された、純国産の「鶏種」
・「卵殻」は丈夫で美しい「濃いさくら色」
・平成15年に作出された「さくらNEO」が最新型
 
 
ゴトウ赤玉鶏 もみじ
・「後藤孵卵場」(岐阜県)で開発された、純国産の「鶏種」
・卵殻良好で卵の形が良い。美しい「褐色卵」
・各種「鶏病」に対する抵抗性がある
 
 

名古屋コーチン
・「庭先養鶏」や「愛玩用」として長く親しまれている鶏種
・「卵肉兼用種」でどちらもともにコクのある味
 
 
黄斑プリマスロック
・「卵肉兼用種」で「肉質」は最高と言われている
・「卵質」もよく、「自然卵養鶏」に最適と言われている
 
 
ロードアイランド・レッド
・アメリカのロードアイランド州が原産
・「卵肉兼用種」
 
 
イサ・ホワイト
・生存率「94%」、50%産卵日齢「143日」の「白玉鶏」
・平均卵重「61.7g」、ハウユニット87
 
 
イサ・ブラウン
・フランスのイサ社の「作出」による「種鶏」
・「卵殻」は強い
・美しい「卵殻色」で色のバラツキが少ない
・赤玉市場のヨーロッパでシェア1位(約60%のシェア)
 
 
工ルベ
・優れた産卵性能(産卵ピーク95~96%)
・小型化した体重による、飼料要求率の向上
 
 
コーラル
・美しい「ピンク卵」で、「白色卵」に優る生産性
・色褪せ(いろあせ)しない、よく揃った強い卵殻
 
 
シェーバーブラウン
・丈夫であり、「良質卵」を産む「赤玉鶏」の王者
・「育成率」「生存率」が良い、「高産卵」で持続力がある
・卵殻は「濃褐色」で、「卵内品質」も良い
 
 
シェーバーホワイト
・丈夫で良質卵を産む
.「育成率」「生存率」が良い(開発元:SHAVER社)
 
 
シェーバーEX
・生存率「94%」、50%産卵日齢「145日」の「白玉鶏」
・平均卵重「62,2g」、ハウユニット87
 
 
ジュリア
.「卵重」追求型の「白玉鶏」(開発元:Lohmam社)
・抜群のハウユニット、高い「卵量」
・優れた「産卵持続性」、改良された「抗病性」
 
 
ダイヤクロスSH
・日本種鶏協会「産卵能力経済検定」にて、4年連続で最優秀賞を受賞
 
 
デカルブ・ホワイト
・優れた「育雛(イクスウ)」「育成率」で成鶏期の生存率が良い
・「ピーク産卵率」が高く、「産卵持続性」に優れている
 
 
デカルブ・ブラウン
・卵殻色は美しい「赤褐色」、早熟で優れた「産卵性能」
・優れた「卵殻質」「卵内質」「飼料要求率」_
 
 
デカルプ・エクセルリンク
・デカルブの「白玉鶏」
・「適応性」「収益性」に優れ、すぼらしい性能と実績をもつ
 
 
デカルブ・ラムダ
・デカルブの「白玉鶏」で「ヘンハウス産卵数」が多い
・早期に「卵重」が大きくなり、「飼料要求率」が優れている
 
 
デカルブ・ゴールド
・デカルブの「赤玉鶏」、美しい「赤褐色」の大卵を産む
・「早熟」で「初産」も「産卵の立ち上がり」も早い
 
 
デカルブ・ラムダ
・デカルブの「白玉鶏」、早期に「卵重」が大きくなる
・「ヘンハウス産卵数」が多い、「飼料要求率」が優れている
スポンサーリンク



デカルブ丁TX
・生存率「95%」、50%産卵日齢「141日」の「白玉鶏」
・平均卵重「61.Og」、ハウユニット82
 
 
バブコックB
・生存率「95%」、50%産卵日輪「144日」の「白玉鶏」
・平均卵重「61,5g」、ハウユニット88
 
 
ネラSL
・世界注視の「オランダ鶏」。黒色羽毛の「赤玉鶏」
・「放し飼い養鶏」「差別化卵」に最適
 
 
ハイライン ソ二ア
・高産卵の「ピンク卵鶏」(開発元:Hy-Line社)
 
 
ハイライン マリア
・効率追求型の「白玉鶏」
・抜群の「ハウユニット」と「卵殻質」(開発元:Hy-Line社)
・「大きい初期卵重」「抗病性育種」による高い生存率
 
 
ハイライン ローラ
・安定持続型の「白玉鶏」
・飼育が容易で、「高い生存率」「安定した産卵成績」をもつ
 
 
ボバンスL(ニーナ)
.高卵量の「白卵鶏」(開発元:BOVANS社)
・「高産卵」「高いハウユニット」「強い卵殻」
 
 
ボバンスWL
・世界注視の「オランダ鶏」
・「飼料要求率」「強健性」に優れる
・「卵殻質」「卵質」が高く、「経済性」の良い「採卵鶏」
 
 
ボリス ブラウン
・「赤玉鶏の王者」と呼ばれている、効率の良い「赤玉鶏」
・「白玉鶏」に匹敵する生産性の高い鶏
・「卵殻色」は濃く均一で、「血斑」や「肉斑」が少ない
 
 
ハーバード・コメット
・米国原産の「小躯」(体が小さいこと)、「少食鶏」である
・産卵ピーク時体重は「1,75kg」である
 
 
シェーバー・スタークロス
・アメリカ農務省が実施した「全米、カナダ鶏種別テスト」の「赤玉鶏」部門で最優秀の実績をもつ
 
 
ハイセックス・ブラウン
・「白玉鶏」に負けない生産性で最終体重は「2.2kg」と、大型ではない
 
 
ハイライン・ブラウン
・高い「産卵性能」をもつ(「ピーク産卵率」:90~93%)
 
 
白色ナノマスロック
・アメリカで作曲された「卵肉兼用種」
・「ドミーク種」と「コーチン」や「ブラマ」を交配させたものである
 
 
ミノルカ
・地中海のミノルカが原産地の「鶏」
・イギリスとアメリカで改良され、「卵用種」として使用
スポンサーリンク