ブランド卵とは

最近は「ブランド卵」と呼ばれる、 「栄養強化卵」が多く販売されるようになりました。スーパーでも普通のたまごより値段は若干高めですが「栄養価が高いのなら」ということで購入される方も多いと思います。ちなみに「ブランド卵」は、鶏卵業界では従来から「特殊卵」と呼ばれていました。何が特殊かというと次にお話する「カテゴリ」が特殊となります。

「ブランド卵」の4つのカテゴリ

栄養面で差別化
「鶏卵業界」内で「特殊卵」と呼ばれている、いわゆる「栄養強化卵」(「ヨード卵」「DHA卵」 「ビタミン強化卵」など)
 
飼育方法や餌で差別化
「鶏」の飼育の仕方(「放し飼い」「有精卵」など)や「エサ」(「自家配合飼料」など)で差別化 しているもの
 
生産者の名称で差別化
「ブランド名称」の付与による差別化(たとえばインターネット販売をしようとすると、単なる「たまご」ではなく、「○○さんちのたまご」など名称での差別化が必要) よくスーパーとかで生産者の名前と写真が貼ってある場合があります。
 
安全面を前面に出し差別化
「SE(サルモネラ)対策ずみ」などの、安全性を前面に出して差別化を図ったもの。
 
このように特殊卵は基本上記4つのカテゴリーで業界では分けられています。あとは消費者が何を基準に選ぶかということになります。ただ日本のたまごは「普通の卵」も「特殊卵」どちらも世界トップレベルであることは確かです。

スポンサーリンク


まとめ

ちなみに「栄養強化卵」ですが、これは「ヨード卵光」のように「たまご」にある種の「栄養素」を強化したもので通常は「鶏」に与えるエサに、強化したい栄養成分を含むものを配合して生産しています。「DHA (ドコサヘキサエン酸)強化卵」の場合には、エサに「魚粉」を加えて、 「魚粉」に含まれている「DHA」を「たまご」に移行させます。
 
 
「特殊卵」には、 「各種ビタミン」 「α-リノレイン酸」 「l-カロテン」を強化したものなどさまざまなものが生産、販売されています。
 
 
この「特殊卵」 (ブランド卵)に対して、通常の「たまご」は「一般卵」または「普通卵」と呼ばれています。お財布と相談しながらたまには「特殊卵」を購入されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク