養鶏場は人気の仕事!?

最近は仕事として人気も高まっている養育場での仕事。ここでは「採卵養鶏場」の「鶏舎」の中でどのような作業が行なわれているのかを、時間を追って見ていくことにしましょう!
 
 
ちなみに今回紹介する1日の仕事の流れは、一般的な「ケージ飼い」の「中規模養鶏場」の例です。(ゲージ飼いについては詳細はこちら)大規模な「ウインドウレス鶏舎」などでは「タイマー」を使って自動的に「集卵」した後、 「ローラーコンベア」で直接「GPセンター」に搬入します。そこで「たまご」の、「洗卵」「選別」「パック詰め作業」を行なうところ(「インライン方式」と言う)もあり、作業内容や時間は、 「飼養羽数の規模」や「養鶏場の設備」などによって異なります。

スポンサーリンク


養鶏場 1日の作業の流れ

午前4:00頃
・「鶏舎」内の「電灯」が灯る(「タイマー」で自動化)。
・「電灯」が灯ることで鶏は「朝がきた」と思い目覚める。

午前4:30頃
・「自動給餌機」により、飼料(工サ)を与えはじめる。(「タイマー」で自動化)

午前9:00頃~午後3:00頃
・集卵作業(産まれた「たまご」を集める作業)を行なう。※養鶏場の規模によって、人手で集めるところや、ベルトコンベア式の機械で自動的に集めるところもある。

午後4:00頃
・集めた「たまご」の、分別作業を行なう。※「汚れたもの」「キズがついたもの」「規格外(極靖に大きい、小さい)のもの」なとを分別する。「GPマシン」を使って、自動分別するところもある。

午後4:30頃
・「鶏舎」内を見回って「鶏の状態」や「環境」(温度や湿度など)をチェックする。

午後5:00頃
・1日の作業を終える。おつかれさまでした。
 
 
「鶏」に「エサ」を与える回数は「養鶏場」によって異なります。「1日ぶん」を「3~5回」に分けて与えるところや、 「2日ぶん」を「1回」で与えるところ( 「鶏」は2日かけて食べる)もあります。また、大規模な「ウインドウレス鶏舎」などの自動化された「システム鶏舎」では「餌とい」の中を「飼料」が一日中循環しているものもあります。

このような流れで毎日仕事を行っています!どうです?働いてみたくなりましたか!?

スポンサーリンク