コレステロールと寿命の関係

最近では、総コレステロールが低いより高いほうが、長生きをするという調査報告がたくさん出てきています。男女とも総コレステロールの値が240~260/dℓで、もっとも死亡率が低かったといいます。また40~70歳の調査で「ガンによる死亡率は、総コレステロール値が160未満でもっとも多く、240以上でもっとも少ない」という結果が出ています。
 
 
それはなぜなのでしょう? まずコレステロールとガンの関係ですが、コレステロール値が高いほうがNK細胞が活性化すると、NK細胞を発見した奥村康先生の著書『健康常識はウソだらけ』に書かれています。NK細胞は、ガン細胞の発症、増加を抑える免疫細胞です。これに関して別の機関でも調査した結果 コレステロール値が低い人より、高い人の方のほうが、栄養状態が良いのでガン治療の効果が出やすい傾向があることがわかりました。
 
 
また、コレステロールは細胞膜の材料なので、コレステロール値が低いと血管がもろくなります。脳出血は高血圧が原因と思われがちですが、血管がもろいことで、脳出血のリスクも高くなることもわかっています。また、加齢にともなう免疫力低下で肺炎や風邪などの感染症にかかった場合、コレステロールが免疫力を上げる材料になります。コレステロールはいろいろな面で、長生きのサポートをしてくれていると考えられます。

スポンサーリンク


気力とコレステロールの関係


(気力がないのは、コレステロールが低いせい?)コレステロールは、体内で細胞膜や脳の情報伝達物質やホルモンの材料になります。ですからこの値が低いことで、さまざまな体調不良の症状が出るのは、予想できることです。
 
 
そしてコレステロールがもっとも多い場所が脳で、体内の4分の1が脳に集中しているので、コレステロールが低いと脳の働きが低下し、気力もなえやすいと考えられます。また、コレステロール値が高い人は頭の回転が良いともいわれています。確かに、私の相談者を見ても、コレステロール値が高い方は会社の指導者やリーダーなど、知的レベルの高い方が多いようです。
 
 
そしてストレスに対応するステロイドホルモンもコレステロールが材料なので、コレステロールが少ないとストレスにも対処できなくなります。脳内物質が減少することで、うつや精神不安も出ます。だるい、疲れやすい、イライラ、集中力の低下、やる気がしない、不眠、月経前症候群、生理痛、生理不順、無月経、頻脈、動悸など、さまざまな不定愁訴が、コレステロールが低いことからも起こります。

スポンサーリンク


赤ちゃんの脳とコレステロール


(コレステロールは、赤ちゃんの脳の成長に必要!)コレステロールが成長期に必要なことは、お腹にいる頃から始まっています。多くの妊婦さんの、血中のコレステロール値は妊娠後期には250から300になってきます。そこから臨月を迎えて出産に至りますが、このお母さんのコレステロール値は母乳を終えるまで高いままなのです。
 
 
そして出産後、7か月から12か月の離乳食前まではコレステロールの基準値をはるかに超えており、授乳が終わる頃には、自然に少しずつ下がり、最終的に200近くまで下がっていきます。以前知り合いからこんな話を気いたいことがあります。10年ほど前に、約3年間、血液栄養学に関心を持つ産科で、ドクターと助産師さんと一緒にカウンセラーをさせてもらったことがありました。
 
 
そこで、ドクターにお願いし、妊婦さんの、妊娠前期、後期、産後の各50項目の血液データをもとに栄養指導を行いながら、コレステロール値の推移も観させてもらいました。普通の産科医院は、貧血を中心にした検査項目なので、たんぱく質やビタミンなどの栄養状態が分からないことがほとんどなのです。
 
 
もし、妊婦さんのコレステロールを調べる医師が多ければ、もっと早く、コレステロール悪玉説は消えたかもしれません。妊婦さんのコレステロール値は、卵を食べても、食べなくても、まったく関係なかったのです。コレステロールは、必要な時には、自然にHDLコレステロール値が上がり、トータルの値も高くなっていくということを妊婦さんのデータを通して学びました。とのことでした。
 
 
コレステロールは赤ちゃんの脳の成長に必要です。日本卵業協会の報告によると、今の粉ミルクには、コレステロールが加えられています。1歳の離乳食まで、コレステロールリッチなママの母乳か粉ミルクを与えると、赤ちゃんの脳の安定にもつながります。

スポンサーリンク