嘘の噂・悪い噂ばかり先行してしまった

卵はたんばく質が豊富なだけでなく、ほとんど全ての栄養素を含んでいるスーパーフードです。にもかかわらず、卵を食べるとコレステロール値が上がるといって、食べる量を減らしている人が今も結構います。
 
 
卵が体にとって大変素晴らしい栄養源なのに、このような誤解を私的に非常に残念に思っていました。卵を食べても、酸化コレステロールは極端に上がりませんし、動脈硬化にはつながるとは言えません。
 
 
最近では、動脈硬化の合併症のリスクが一番ある糖尿病患者に対して1日2個の卵を食べさせた結果、善玉(HDL) コレステロールが改善したという臨床報告があります。これは動脈硬化指数が下がるため、逆に、卵が合併症や動脈硬化の予防につながるという素晴らしい例の一つだと思います。
 
 
ですが、卵=(イコール)悪者信仰は非常に根強いです。どうしても前回の記事でも書いたうさぎの実験から、長い間、コレステロールは動脈硬化をつくる悪者の存在になっていました。確かに卵には、コレステロールがたくさん入っています。そのため1日の卵の摂取量を少なくしようと、節制するムードが広がってきたのです。
 
 
実際、今も病院の栄養指導では、コレステロールを増やさないために卵を1個以下にしてくださいと言われているようです。小腸は食べたものを全て吸収するわけではないことを考えれば、卵が悪者になったのは、ほんとうに、残念に思います。
 
 
そして、卵が悪者になっていたことで、多くの人がその栄養を十分とれなかったことはとてももったいないと思います。コレステロールは人体に必要なもの、健康な人なら、卵を食べても必要以上にコレステロール値は上がりません。安心して卵を食べてください。

スポンサーリンク


卵を減らしても、コレステロール値は下がらない


血中のコレステロール値が高いと診断された場合、多くの人が値を下げるために卵をひかえる栄養指導を受けてきました。その結果は、大して効果がなく、コレステロールは高いままです。それはなぜでしょうか?
 
 
卵も含め、肉などの食品から摂取するコレステロールは、血中の総コレステロールの3分の1だけで、3分の2は、肝臓が再合成します。特に家族性といわれる遺伝性の高コレステロール血症の人は、食べ物とは関係なく、人体が3分の2のコレステロールを日々つくるので、食べ物をひかえてもほとんど結果と結びつきません。
 
 
コレステロールは脂肪の消化吸収に関与する胆汁の材料でもあります。コレステロールが少ないと、食事の脂質の吸収、排泄のコントロールができないために血中に高いまま残ってしまいます。そして卵に含まれるレシチンが胆汁での乳化を助け、コレステロールがうまく消化できるようにもサボ!トもしてくれます。
 
 
コレステロール値が高くて、卵を禁止されている人たちが卵を食べないことでコレステロールのメリットを受けられないことは、もったいないと思います

スポンサーリンク