赤玉と白玉で栄養価は異なるの?

たまごの殻の色で栄養価も違うのか?気になるところだと思います。「カラ」が褐色の「赤玉」と呼ばれる「たまご」がありますが、「白にわとりたまご」との違いは、じつは「鶏」の種類によるものです。一般的に、「毛の色」が「褐色の鶏」が「赤玉」を産み、「白い鶏」が「白玉」を産むと言われています。
 
 
ただ、これには例外もあり、実際にはけいしゅ「鶏種」(鶏の種類)によって、「たまご」の「カラの色」が決まります。一般に、「赤玉」のほうが値段も高いようですが、実は色の違いによる「栄養的な差」はありません。「カラの色」は、栄養価とは無関係なのです。ただ、「ヨード卵光」などの「特殊卵」に「赤玉」が多く使われていることから、「赤玉=高級感」という意識が消費者の中にあるのかもしれません。そのため栄養重視でたまごを選ぶのあれば「赤玉」を選択するのではなく、本当にそのたまごは他のたまごより栄養価が豊富なのか、成分表なのでしっかり見極める必要があります。

スポンサーリンク


黄身の色でも栄養価が違うの?

卵の殻の色によって栄養価が違うの?とともにみなさんがもう1つよく気にする点があります。それが黄身の色の濃さです。黄身の色が微妙に濃かったり、薄かったりすることがありますが、買った「たまご」によって、「黄身の色」がずいぶん違うことがあります。
 
 
結論から言うと「やまぶき色」に近い、「やや濃い色の卵黄」に人気があり、「薄い色の卵黄」は「栄養価」が低い、と誤解している人も少なくありません。「黄身の色」の濃淡は、「黄色とうもろこし」や「乾燥アルファルファ」などの「配合飼料素材」の割合によって、異なってくるのです。
 
 
そのため、「卵黄色」の濃淡の違いは、「栄養価」には直接に関係ありません。「黄身の色」を濃くする「エサ」として、よく利用されているのは、「黄色とうもろこし」「アルファルファ(マメ科の牧草)」「パプリカ(ピーマンやトウガラシの仲間)」「にんじん」などがあります。
 
 
そのため、パックに入っている卵の黄身の色が濃かったり薄かったり均一でなかったとしても全くと言ってよいほど栄養価に差異はなのでご安心ください。でもやっぱり少しでも栄養価が高いたまごを食べたいのであれば「特殊卵」を選ぶようにしましょう^^

スポンサーリンク