イライラは体によくない!

(イライラするなら卵不足のサイン?!)いろいろな栄養の詰まった卵と、ほかの食品の栄養素を組み合わせることで、さまざまな症状の改善を狙えます。そこで、イライラ予防にお勧めなのが、卵と乳製品。牛乳の中のカルシウムが、敏感になっている自律神経を穏やかにしてくれます。
 
 
ストレスがかかると体内のカルシウムが失われますので、それを補うために骨から貯金を下ろそうとし、さまざまな疾病も現れてきます。そこで、体に吸収の良い牛乳やチーズの乳製品をとることで、その補強ができます。牛乳に含まれるトリプトファンという物質は、精神を穏やかにしてくれる作用があるのです。
 
 
イライラして眠れない場合は、日常から卵と牛乳を混ぜるミルクセーキを飲んで紫外線を浴びたり、夕飯にはチーズ料理をとることをお勧めします。そうすることで質のいい眠りが得られます。
 
 
【チーズオムレツでイライラ解消】
ここでは卵も乳製品もたっぷりとれる、チーズオムレツをご紹介しましょう。カルシウムを運ぶのもたんぱく質であるため、効果的な組み合わせのメニューです。
 
 
卵2個と牛乳半カップ。そこにとろげるチーズ50gを混ぜる。材料をすべて箸で白身を切りながら混ぜて、軽く油をひいたフライパンに流し込んで、形を整える。火はお好みの焼き具合で調整してください。塩もお好みで。あつあつでチーズがとろっと溶けている状態で食べるのが、最高においしいです。
 
 
■材料
・卵・・・2個
・牛乳・・・100CC
・とろげろチーズ・・・50g
・油脂(バター、オリーブオイル、グレープシードオイルなど)・・・適量

スポンサーリンク







目覚めの一杯は、スムージーミルクセーキで

最近、朝食のかわりに、あるいは朝の一杯として、スムージーを作って飲むことが流行していますが、私だったら、そこに卵と牛乳を入れ、たんぱくリッチなスムージーミルクセーキにします。栄養価がさらにあがるのでみなさんにもぜひおすすめしたいです。
 
 
フルーツのビタミンに加え、生の卵を攪拌(かくはん)して飲みやすくすることで、吸収のよい状態でエネルギーを取ることができます。攪拌された果物だけでは、血糖値が急激に上下しすぐに空腹になってしまいますが、そこに卵と牛乳からの2週類のたんぱく質と脂質を加えることで、腹もらがよくなります。
 
 
また、牛乳でカルシウムの補強もできますので、栄養満点なうえ、自律神経に穏やかに作用します。使う果物は、血糖値を急激に上げないグレープフルーツやトマト、皮ごとリンゴ、キウイやイチゴなどがお勧めです。たまごとスムージーの強力の組み合わせで今日も1日がんばりましょう♪
 
 
【卵入り冷製ポタージュでもOK!】
スムージーをつくるのは面倒、という場合は、市販の冷製ポタージュスープを利用するのもいいでしょう。コーンやかぼちゃのポタージュに、全卵を加え攪拌しそのままいただきます。また、牛乳に、ゆでたブロッコリー少々と全卵を加えて攪拌したものも、免疫力を高める飲み物になります。
 
 
そのまま飲んでも、人肌に温めてもOK。ポタージュが残ったら、私は卵と混ぜてオムレツにしています。カップ1杯のポタージュに、卵2個の分量が目安。冷めても美味しいオムレツができますよ。

スポンサーリンク