目玉焼きやゆで卵をプラスでパワーアップ!

外食でお肉を食べる人も多いと思いますが、動物性たんばく質である肉と卵を一緒に食べることも、体に良い効果はいろいろあります。一緒に食べることでたんぱく質の摂取量をある程度確保できることは、魚と同じですが、肉ならではの効果もあります。一番大きいのは、細胞の新陳代謝が良くなることで、皮膚のターンオーバーがうまくいき、きれいな皮膚に。
 
 
そして免疫機能も十分に働き、風邪をひきにくくなったり、病気にかかりにくくなります。たんぱく質をたくさん摂取できる状況が続くと、ストレスの緩和や、代謝や筋肉、骨の状態が良くなるなど、たんぱく質の本来の効果が発揮でき、心身が良い状況になっていくことは、いうまでもありません。
 
 
外食の時に、ハンバーグやステーキを注文するなら、ぜひ目玉焼きが付いているものを選びましょう。ゆで卵や温泉卵があればそれでもよし。家でも外でも、肉料理を食べる時は、卵をご一緒に!もう一つ期待できるのは、卵のレシチンが肉に含まれる脂肪の消化吸収の効率を上げることです。
 
 
卵は、油を乳化させる働きがあるので、どちらかというと消化に時間がかかる肉と一緒に食べることによって、肉の消化吸収が良くなるのです。たんぱく質の摂取量とともに、質や食べ合わせもとても大切です。肉を食べたいと思うのは、消化できる胃が元気な証拠。卵と一緒にたくさん食べてください。

スポンサーリンク


マヨネーズは、カロリーを気にせず食べてOK?


日本にはマヨラーが多くいますし熱狂的ファンも多いですが最近、マヨネーズが悪者にされている風潮があります。特にダイエット中の人はカロリーが高いからと、マヨネーズを避けることが多いですが、これはちょっと考えものです。
 
 
カロリーを気にしてカロリーハーフのマヨネーズをとるほうがよほど、体によくありません。自分でマヨネーズを作る時、使うのは卵の黄身、油、塩とマスタードです。私が市販のマヨネーズを購入する時は、この原材料になるべく近いもので、保存料などに添加物が最低限に抑えられているものを選びます。
 
 
ところがカロリーハーフやコレステロールオフのものだと、原材料に余分なものがいろいろ増えるのです。カロリーを半減させたものの、ねばりを出すために、水あめや粘着剤がプラスされ添加物も増えています。カロリーを減らしても、添加物や血糖値を上げるマヨネーズをとるほうが、体にも、ダイエットの観点からもよくないと思います。
 
 
だから結論的にカロリーハーフとかコレステロールオフのマヨネーズよりまじりっけなしのマヨネーズの方が体によいのはわかって頂けると思います。ハーフにしたりオフにするということはそれにかわる何かをつけたしたという意味になるということです。

スポンサーリンク


マヨネーズのカロリーは気にしなくていい?


そもそもマヨネーズが悪者になっているのは、カロリー信仰、コレステロール悪説のなせる業です。前にも述べましたが、ダイエットはカロリー優先に考えるものではありません。食生活の内容の見直しや嗜好パターンを変えることが大切なのです。
 
 
私も何十年も体重を維持できている理由はカロリー計算ではなく、たんぱくリッチで糖質を選んで食べることを実践しているからです。マヨネーズは卵を使っているので、むしろ調味料としては優先的に使ってほしいですね。
 
 
ちなみに私は自家製レシピに近い、キユーピーマヨネーズを常備しています。マヨネーズと明太子にお醤油を加えた明太子マヨネーズや、わさび醤油にマヨネーズを加えたものは、ゆで野菜や焼き野菜のディップソースに。アンチョビマヨネーズは、淡泊な白身魚のグリルとカットレタスに添えてなど、味のバリエーションもかなりつくれます。
 
 
また外食に言ったら「お肉」+「卵」さらにサラダやサラダーバーを選んだのであれば味付けは「マヨネーズ」ということでこれで最高に体に良い食べ物となります。お忘れなく^^

スポンサーリンク


お手製マヨネーズの作り方


きれいな容器にオイル以外の材料を入れて混ぜ、そこにゆっくりオイルを入れます。一番底にミキサーを差し込むように入れて、一気に撹拝します。硬さはオイルの量で決まりますので、調整をしてください。
 
 
オリーブオイルのみのマヨネーズは、少し緑色の仕上がりです。ハンドミキサーで撹拝するのか簡単でお勧めです。ない場合は、オイル以外を良くまぜて、オイルを少しずつ入れながら泡だて器で混ぜます。もし分離したり、ゆるい感じになった場合は、冷蔵庫で1晩冷やして、市販のマヨネーズを大さじ1杯~2杯入れると作りなおせます。
 
 
ゆるい感じのマヨネーズになってしまっても、ドレッシングとしては美味しく食べられますし、グリルした魚やエビなど淡泊な食材のソースとしてもお勧め。鶏肉を1晩、このゆるいマヨネーズにつけておいてから焼くと、柔らかくなって美味しいです。
 
 
【自家製マヨネーズ:材料】
・卵黄……1個
・酢……小さじ2
・レモン汁……小さじ2
・マスタード……小さじ1
・塩……小さじ1/2
・オイル……130~170CC
(オリーブオイル、グレープシードオイル、ひまわり油、菜種油など、2種類をブレンドしても)

スポンサーリンク