ふわふわオムレツのコツ

体に必要な良質なたんぱく質を効率よくとるにはやっぱり卵がお勧めですが、卵3個はオムレツやスクランブルエッグなどで簡単にとることができます。ここで私がとても気に入っている、とっておきのふわふわオムレツの作り方を伝授しましょう。
 
 
これは以前私が、フランスのモシサンミッシェルで食べたオムレツがあまりにもふわふわでびっくりしたことから思いつきました。その時、作り方を見ていたら、卵を泡立て器で、30分くらいかけてしっかり泡立てていたんです。でもその面倒くささを改善するため、私はハンドミキサーを使って、3個の卵を1分くらい攪拌(かくはん)します。
 
 
それをグラタン皿などにそのまま流し込み、魚焼きのグリルで5~7分ほど焼きます。すると、ふわふわにふくらんだオムレツの出来上がりです。時間がたつと、このふわふわはしぼむので、あつあつを食べてくださいね。
 
 
プレーンでトマトソースやきのこソテーを添えて食べたり、チーズを入れて焼いたり、ハムや干し海老など、残り野菜を入れてもOK。またグリルオムレツは冷めてしぼんでも、ケーキのようにカットしてお弁当やおやつに利用できるので便利です。ぜひ一度お試しあれ^^

スポンサーリンク







超お勧め!エコなゆで卵の作り方


ゆで卵の作り方は、みなさんご自分のやり方がいろいろあるでしょう。水から入れて10分という人もいれば、沸騰したお湯に入れて8分とか半熟がいいのか、しっかり固めたほうがいいのか、こだわりもあるのではないかと思います。
 
 
ここでは、私自身の日々のやり方を紹介しましょう。まず、小さめの鍋に卵を数個入れ、コップ半分の水を入れて、ふたをします。火は中火で、沸騰したら5分そのままゆでて、その後、火を止めて放置します。
 
 
半熟がいい人は3~4分で取り出し、しっかり固めがいい人は6分放置して取り出します。この方法だと、蒸気で蒸す方法のため、とても白身が柔らかく、おいしいゆで卵ができます。時間差で出せるので、子供は半熟、私は完熟とか好みが違う時にも、便利ですね。
 
 
出来上がりのゆで加減で、サラダやトロトロの味つけ玉子やトッピングなど、メニューのアイデアもそのときの気分でできるので、作りおきにも便利です。短時間の加熱と少しの水だけで調理でき、とてもエコ。しかも、おいしいといいことづくし。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク